恋する乙女のための告白の仕方指南

まずは小さなお誘いからはじめよう

スポンサーリンク

告白せずして、付き合っているのと同じ状態を目指すためには、デートに誘うなどということが必要になってきます。

 

しかし、物事には順序というものがあります。
いきなり、デートに誘うのは、告白とまではいかなくて、最初のうちはかなりハードルの高い行為でしょう。


適切な順序を踏まなければ、うまくいくものもうまくいかなくなりますので、このことは意識しておいてください。

 

人間が仲良くなっていくには、レベルがあります。
見ず知らずの人→顔がわかる人→会話をする人→何でも話せる人
といった具合です。

スポンサーリンク

この順序を段階的に踏んでいかないといけないわけです。
これをすっとばすことはつまり、車でいえば、いきなりトップギアで走り出すようなものです。

 

ですから、相手の男性をデートに誘う前に、デートに誘っても大丈夫な関係を築いておけるように順序だてて関係を発展させておかなければいけません。
そのためには、いきなりデートのようなハードルの高いお誘いではなく、小さなお願いを積み重ねて、だんだん大きくしていくと良いでしょう。


具体的には、重たい荷物を運んでいるときに、
「ちょっと手伝って」と男性にお願いしたりするのものよいでしょう。
また、何か忘れ物をしたときに、ちょっと貸して貰うとか。

 

学生さんなら、教科書を見せてもらうとかするのもよい手段かもしれませんね。

 

このように、順序をすっ飛ばさないように、注意しながら、少しずつ、より上の段階の関係になれるようにしていけばよいのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加