恋する乙女のための告白の仕方指南

がんばりすぎてガツガツした様子を見せてはいけない

スポンサーリンク

人は、必死になってがんばっている姿に心を打たれます。
時に心を打たれた相手は、感動して涙すら流すかもしれません。
そして、その感動が人を動かすのです。

 

しかし、このことは、実は恋愛においては当てはまりません。


告白というイベントを行わずに、付き合っているのと同じ状態にもって行こうと思えば、意中の男性との関係を少しずつ発展させていかなければなりません。
その過程では、相手の男性に対して、貴女のことをよく見せようとか、男性を誘ったり、会話したりするのについついガツガツした様子を見せてしまうことがあるかもしれません。

スポンサーリンク

がんばることやあきらめないことというのは、恋愛においてももちろん大切なことです。
しかし、それが、行き過ぎた形で表現されてしまうと、相手の男性は、ほとんどの場合、引いてしまうものなのです。

 

端的に言えば、貴女のがっついた様子を見せられた男性は、端的に言えば、「そんなにがんばって、俺にもてたいのかな」と思って、後ずさりしてしまうものなのです。


このように、がつがつした印象を与えてしまうと、ほとんどの場合、もう挽回は不可能だと考えておいたほうが良いでしょう。
そうならないためにも、男性との距離感とそれに応じたアプローチの範囲内を飛び越えてしまわないように気をつけなければならないということです。

 

例を挙げると、まだ会ったばかりでやっと会話をするようになったばかりの間柄で、いきなり食事に誘うような行為は、よっぽどもっともな口実がない限り、がっついている印象を与えてしまうことになるでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加