恋する乙女のための告白の仕方指南

告白するのは最低限連絡先を交換してから

スポンサーリンク

何かに必死になっている姿というのは、時に人の心をうちます。
では、恋愛において、必死になっている姿を相手に見せるとどうなるのでしょうか。
必死になっている姿を見て、相手の男性は、心を打たれ、恋愛が成就するものなのでしょうか。

 

恋愛においては、必死さが相手の心を打って、うまくいくといういことは当てはまらないと思います。
多くの場合、心を打たれるどころか、必死さが見透かされると、「そこまでして彼氏がほしいのか。」とひかれるのが関の山でしょう。


このように思われると、うまくいくものもうまくいきません。
恋愛においても、必死さが相手の心を打つことも場合によってはあるかも知れません。
しかし、「そんなに必死になって、かわいそうな人だな」という同情でしかないのです。
やはり、恋愛の成就につながるかといえばそんなことはないでしょう。

スポンサーリンク

告白するときも、度胸や覚悟は必要ですが、必死さが相手に伝わってしまってはいけません。
恥ずかしさや不安を取り除き、告白に振り向けるために、「なりふり構っていられない。」と半ばやけになってしまいそうになることもあるかもしれません。
しかし、確かに勢いで押していけば、恥ずかしかろうがなんだろうが、告白自体はまがりなりにもできるでしょう。


確かに告白すること自体が、人生の肥やしになりますし、経験しておくべき重要なイベントです。
かといって、はじめから負け試合を挑む必要はないのです。
どうせなら、告白を成功させようじゃありませんか。
そのためには、必死さが相手の男性に伝わってしまうようなことは避けるべきなのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加