恋する乙女のための告白の仕方指南

好きな男性に好意を伝えるには褒めることも大切

スポンサーリンク

世の中には、人間関係の上手な様子を表す「〜上手」というものがいくつかあります。
その中のひとつに、「褒め上手」というものがあります。

 

告白をはっきりせずとも、好意を伝えるとともに、相手の気持ちをこちらに傾ける方法としては、この褒め上手になることはとても有効な手段です。


お世辞ではなく、本人のよいところ、気にしているところを適切に見つけて褒めてあげられるようにしましょう。
特に男性というのは、もともと、褒められることにとても弱い面があります。

 

男性はその生物としての遺伝子の記憶があるからか、強さやすごさということにかなりこだわりがあります。
そして、それらの指標を比べる基準として、他人と比べることが多いのです。

スポンサーリンク

ですので、意中の男性をほめるときは、「すっごーい!こんなのほかの人はなかなかできないよ。〜君ってすごいな〜。」などと、「ほかの人にはできずにすごい」ということを強調して褒めるととても効果的でしょう。
自分のことを褒めてくれる、つまり言い換えれば賞賛してくれるひとと一緒にいるととても気分のいいものです。
そして、いい気分にしてくれる人をともに過ごすパートナーとして男性は選ぶでしょう。

 

しかし、ここで注意して欲しい点があります。。
それは、ただ闇雲にほめていればいいというわけではないということです。

 

ここぞという、本人の褒めて欲しいポイントを適切に褒めなければいけません。
めったやたらと、何でもかんでも褒めてばかりいると、ただのおべんちゃらやお世辞だと思われてしまいます。


そして、そのようにただのおべんちゃらだと思われてしまうと、かえって逆効果になってしまうこともありえます。
なぜなら、おべんちゃらのような軽口をたたくに人間は誰にでもそのように言っていたり、本心ではないのではいかと疑われるようになるからです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加