恋する乙女のための告白の仕方指南

逃げる言い訳より攻める言い訳

スポンサーリンク

告白をしようと決心したとしても、何かと言い訳をして、告白をすることから逃げようとしてしまうことがあります。
基本的に、告白するということは、恥ずかしさや自身のなさなどさまざまな感情が入り混じり、なかなか踏み出す勇気を持てないことが多いでしょう。


そのため、ちょっと何か言い訳を見つけてしまうと、「今日はやめておこう」となってしまいます。
たとえば、「天気が悪いからやめておこう」とか「今日は仏滅だからやめておこう」などと言った具合ですね。

 

しかし、このように言い訳を見つけて先延ばし先延ばしにしているうちに、逃げる言い訳をする癖がすっかりついてしまうものです。
これは、大変恐ろしいことです。

スポンサーリンク

言い訳をさがすのが上手になると、人生における試練からすべて逃げるようになってしまいます。

 

どうせ言い訳をするのなら、逃げる言い訳ではなく、攻める言い訳をしませんか。
告白のことでいえば、告白をやめるためのいいわけではなく、必ず告白しなければならない言い訳をするのです。


具体的にいいますと、
「今日は天気が悪いし、正直気がすすまない。でも、今日告白すると決めたんだから、絶対今日告白してしまおう。昔から思い立ったが吉日というし、決心した今日が一番成功率が高い日なんだ。」などと、行動しなければならないという言い訳をするようにするということです。

 

このような攻めの言い訳をして、自分を行動へと駆り立てる習慣を身につけると、つもり積もって、とても積極的な性格になります。
そして、やがては人生をも切り開く力となるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加