恋する乙女のための告白の仕方指南

告白が失敗しても貴女自身が否定されたのではない

スポンサーリンク

告白をしたとしても必ずオッケーをもらえるとは限りません。
告白をして必ずオッケーがもらえるのであれば、世の中に告白をしようかどうしようかなどと悩む女性はこの世にいなくなるでしょう。

 

勇気を出して、相手の男性への気持ちを伝えたとしても、断られることは当然あります。
そのこと自体は、残念なことです。
好きな男性と付き合えることを期待して告白したのでしょうから、そのような状態になることができなかったこと自体は残念ですし、失敗と呼べるのかもしれません。


その結果をうけて、落ち込んでしまうこともあるでしょう。
しかし、そこまで深刻に落ち込む必要もないのです。
なぜなら、貴女という人間そのものを否定されたわけではないのですから。

 

もしかしたら、たまたまタイプでなかっただけかもしれません。
もしかしたら、今は彼女が欲しい時期ではなかっただけなのかもしれません。
もしかしたら、たまたま他に好きな女性がいただけなのかもしれません。

スポンサーリンク

私は、上記の例で「〜だけ」という表現をしましたが、中には、「〜だけ」で片付けられるような簡単ことじゃない!
と思われる方もおられるかもしれません。

 

しかし、貴女の人間性や貴女の生き方そのものを否定されることに比べたら、取るに足らないことではないでしょうか。


覚悟を決めて、真剣に思いを伝えた告白であればあるほど、失敗に終わったときには、とても落胆することとは思いますが、そこまで思いつめずにいてください。
直後にはなかなかそのように考えることは難しいかもしれませんが、その男性と過ごす人生だけが貴女の人生ではありません。
これからの貴女の人生をあなた自身が楽しみにしていましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加