恋する乙女のための告白の仕方指南

会話の流れの中で急に告白することもアリ

スポンサーリンク

告白のタイミングは、前もって決まっているものばかりではありません。
なかには、その告白のチャンスが急に訪れることだってあるのです。
告白するのには、それに適した順序というものがあります。

 

順序をすっとばして、一足飛びで告白しても、それは失敗するのが目に見えているといえるでしょう。
しかし、会話の流れによっては、いっきにこの順序を踏んでいけることがあります。


告白するときには、やはり、それまでの過程で連絡先を交換しておくことが必要でしょう。
それくらいの人間関係が築けていないと、そうそううまくいくものではありません。
というわけで、連絡先を交換していることは最低条件としても、好きな男性と会話をしていて、その男性が「彼女がいなくて、さびしい」とか言ってきたとします。

 

そんなときに、貴女が「〜クンはステキな人だから、きっとすぐに彼女できるよ」などといえば、「何で俺にそんなにやさしくしてくれるの?」とでも彼は言ってくれるかもしれません。

スポンサーリンク

そうなれば、すかさず、「何でって?だって、私〜クンのこと好きだもん」といえばよいのです。
このように話の流れによっては、自然に自分の気持ちを相手に伝えることができます。
そもそも、男性が「さびしい」というフレーズを出したら、つまり彼女が欲しいわけです。

場合によっては、目の前の女性に「告白して」というアピールをしているともいえるかもしれません。
私としては、「男なら堂堂と男のほうから言えばいいのに」とも思います。
しかし、近年では、恋愛に対して、そのように積極的にガツガツいけない男性も増えていますから、もしそういうチャンスに恵まれたら、すかさず女性からも気持ちを伝えていくほうが良いと思います。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加