恋する乙女のための告白の仕方指南

恥ずかしいからと逃げてはいけない

スポンサーリンク

告白できることはすばらしいことです。
告白を決意した当事者からしたら、そんなふうにはなかなか考えられないかもしれません。
告白するという一大イベントに対して、恥ずかしい気持ち、心配な気持ち、逃げたい気持ち、そのような感情でいっぱいにってしまっていることが多いのではないでしょうか。


しかし、世の中には、告白したくても、告白できないという人だっているのです。
もしかしたら、重病をわずらい自宅療養中かもしれません。
不運な事故に見舞われ、おもい怪我をおい、入院中かもしれません。
そして、それらの中には、運悪く、命を落としてしまった人もいるかもしれないのです。

 

そのように、心のなかに決めた、心を寄せる男性がいたとしても、その思いを伝えることもできないままにそれができなかった人だって世の中を見渡せば必ずいるはずなのです。

スポンサーリンク

そういったことを考えると、思いをよせる男性に対して、告白ができるというそういう状態にあること自体が、とてもすばらしいめぐまれたことだと思いませんか。

 

少し大げさかもしれませんが、告白したくてもできずに終わってしまった人たちの無念の思いを背負うくらいの気持ちで、自分に勇気をもって、思いを寄せる男性に気持ちを告白しましょう。


逃げてばかりではいけません。
できることはできるうちにしておかないとそれができない状態になってしまうかもしれません。
あのときやっておけばよかったと後悔して後悔し切れません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加