恋する乙女のための告白の仕方指南

親しい仲であってもあえて敬語を使って告白しよう

スポンサーリンク

告白するときの言葉は重要です。
告白するときの言葉遣いではどのようなことに気をつければよいでしょうか。

 

告白をするときに、相手の男性との親密度にはいろいろな状態があるでしょう。
相手の男性とあまり話したことがない状態。
相手の男性とメールアドレスや電話番号などの連絡先を交換している状態。
相手の男性と毎日のように親しく話すような状態。


相手の男性と貴女との関係には様々な状態があることでしょう。
しかし、告白して成功率の高い関係というのは、やはり連絡先を交換していたり、毎日のように親しく話すような間柄であるような状態でしょう。

 

このような状態から、告白することはかなり高い成功率が予想されますが、普段から親しい間柄だからこそ、気をつけなければならないポイントもあるのです。

スポンサーリンク

それが、いつもの雰囲気で言って、冗談のようにとられてしまわないように気をつけなければいけないということです。

 

ですので、普段の会話とは、今回は違うんだということを示すためにも、普段はあまり使わないような敬語をあえて告白のときには使うようにすると良いのです。
告白のときに、あえて敬語を使えば、告白を受けた男性は「あれっ?」と思うはずです。


そして、それと同時に、貴女の本気度が伝わるのです。
普段のくだけた会話とは違う、真剣な様子がより、相手の心を打つのです。
告白するときは、敬語で
「好きです。付き合ってください。」
これで決まりですね!

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加