恋する乙女のための告白の仕方指南

告白という儀式に固執する必要はない

スポンサーリンク

「告白」と聞いて、思い浮かべるのはどんな光景ですか?
やはり、告白といえば、昔ながらの学生時代のイメージですと、「体育館の裏に呼び出して、二人きりで告白」のような、そういうものではないでしょうか。

 

体育館裏かどうかは別として、学生時代も大人になってからでも、告白するときというのは、改まって呼び出して、「好きです。付き合ってください。」というのがセオリーであり、一般的な告白というものに対しての認識だと思います。


しかし、べつにこのようにかしこまって、儀式的に告白をする必要は必ずしもないのです。
大切なのは、相手の男性に自分のその男性に対する好意の気持ちが、きちんと伝わっているかどうかです。

 

若い頃、特に学生時代は、恋愛に幅がないので、なかなか異性を遊びに誘うというようなことはなかなかないかもしれません。

スポンサーリンク

ですが、大人になると、恋愛の幅も広がってくるものです。
別に付き合っている男女でなくとも、男性と女性が二人きりで遊びに行くようなこともよくあることでしょう。

 

恋愛の幅がない若いころは、関係をステップアップすることがあまりできずに、どうしても告白というイベントに自分の好意を伝える手段を頼りがちです。


別に対面でなくとも、メールや電話、手紙などいろいろと手段はあるかもしれませんが、いずれにしても儀式的、形式的であり、あまりにもかしこまった感じがします。
愛の告白にこだわらなくても大切なのは好意を伝えることだと認識してくださったら、いろいろとその手段もあるというものです。