恋する乙女のための告白の仕方指南

好きな男性が困っているときはチャンス

スポンサーリンク

明確な告白というイベントに挑戦しなくても、少しずつ相手の男性への好意を伝えていき、もはや付き合っているのと同じ状況を作れば、告白したのと同じことです。

 

その過程では、少しずつ、相手の男性との関係をステップアップさせていかね狩ればなりません。
そして、そのためには、貴女から様々なアプローチを男性に対して、仕掛けていく必要があるのです。


アプローチをかけていくことは、はじめは小さなことから仕掛けていけばよいのですが、それでも、もしかしたら、なかなか勇気が出なくてできないという女性もいるかもしれません。
しかし、このアプローチをかけることがしやすいチャンスがあります。

 

それは何かといいますと、好きな男性が困っているときです。
何か、忘れ物をしたとか、そのようなことがイメージしやすいでしょう。
例えば、学生さんであれば、筆箱を忘れて、困っていたりしたら、すかさず、
「どうしたの?」
と聞いてあげましょう。

スポンサーリンク

これで、会話をすることができました。
そして、鉛筆や消しゴムを貸してあげればよいのです。
これで、ものの貸し借りをすることができました。

 

そうすれば、借りたものを返してくれる時に、「ありがとう」と言ってもらえるでしょう。
たったこれだけのことでも、相手の男性との関係は一歩前進するわけです。


男性にとって、困っていることが大きなものであるほど、助けてあげたときの男性のお礼の気持ちは大きいのが普通です。
場合によっては、社会人であれば、「お礼に食事でも」と誘ってきてくれるかもしれません。
そうなれば、なんと、食事まで一緒にできるではありませんか。
好きな男性がこまっているときは、親密になるためのチャンスだとおもって、すかさず、助けてあげましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加