恋する乙女のための告白の仕方指南

後で後悔しないために

スポンサーリンク

世間の人間がする後悔には2種類あります。
それは、
「〜をしてしまったという後悔」と
「〜をしておけばよかったという後悔」の2種類です。

 

これを、思いを寄せる男性に告白することに関して当てはめると、
「告白をしたけど、失敗してしまって、やめておけばよかったという後悔」と
「告白できずに終わったけど、あのとき告白しておけばよかったとう後悔」ですね。


このように後悔には2種類あるのですが、この2種類の後悔のうち、どちらの後悔のほうが、あとに引きずらない後悔だと思いますか?
私は、「〜をしておけばよかったという後悔」のほうだと思います。
告白にあてはめると、「告白できずに終わったけど、あのとき告白しておけばよかったという後悔」だと思います。

 

やらなかったこと、できなかったことといのは、後になってからやろうと思っても、取り返しのつかないことが多いです。

スポンサーリンク

特に、自分ひとりの問題ではなく、相手の人間に対する行動の場合は、相手の状況も変わっていますから。
告白で言えば、意中の男性に恋人ができているかもしれませんし、すでに結婚しているかもしれないからです。

 

しかし、逆に「〜をしてしまったという後悔」は、自分を発展させるう可能性を秘めています。
告白にあてはめると「告白できずに終わったけど、あのとき告白しておけばよかったという後悔」ですね。


確かに、告白をしたというその一瞬でみたら、失敗に終わったということは、恥ずかしいことに思えるかもしれません。
しかし、その後の人生のことを考えたら、その経験を生かして、自分をさらなるよい状態へと導くことができるのです。
どうせなら、「しなかった後悔」に悩むよりも、何事にも積極的になりましょう。
そうすれば、道は開けるはずです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加