ラブレターから、告白しよう

スポンサーリンク

告白をしようと意気込んでみても、なかなかいざ気持ちを伝える事は、とっても難しい物ですよね。
言葉で好きと伝える事は難しくても、ラブレター。
手紙の形で有れば、時間を掛けて丁寧に気持ちを伝える事は出来ます。
ラブレターと言うと学生時代を思い起こしますよね。
先輩の靴箱にこっそりラブレターを忍ばせる。


小学校で同じクラスの子に、バレンタインの日にラブレターを渡す。
今ではメールが流通しているので、告白もメールで済ます人も増えているみたいです。
でも、だからこそ、自分の気持ちを綴った手紙は、価値が有る物だと思いませんか。
メールだと、その人の文章や書き方の癖が分かりません。
ある意味無機質なツールだと思います。

スポンサーリンク

けれども手紙で有れば、筆跡などに、その人の人格が現れます。
だからこそ、心を込めて書いた手紙と言うのは、彼のハートに届く物だと思います。
またメールは会わなくても気持ちを伝える事が出来ます。
手紙は郵送か、直接手渡しをする必要が有ります。
わざわざ時間を掛けて届ける事に、意味が有る事だと思いませんか。
彼に手紙で告白をしようと思ったら、自分好みの便箋を買いに出掛けましょう。


愛の気持ちを伝える物なので無機質な物、ビジネスタイプの物よりは、女性目線で選んだ手紙の方が喜ばれると思います。
とは言え、あまりにも子供っぽすぎる物も考え物。
彼の好みなども考えて、渡しても恥ずかしくは無い物を送る様にしましょう。
成功をすると良いですね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加