メールで愛の告白を

スポンサーリンク

携帯やスマートフォン、誰でも一台は持っている夢の様な時代ですよね。
この様な特別な機械が無かった頃、平安時代などの男女は愛の気持ちを文に託して送りあって居ました。
相手への愛おしい気持ちを手紙に託して送りあっていたのです。
まだ顔も見ぬ相手に文を送る事も有った様ですから、現代よりも古き時代の男女の恋愛の方が活発と言えるかもしれません。


さて、恋愛を上手に進める為のツールの一つにメールが有ります。
24時間何処にいても送る事が出来るのがメールの良さ。とっても便利なだけに、毎日活用している女性も多いと思います。
メールを上手に利用すると、貴方の気持ちを上手に彼に届ける事が出来ます。
男性に送る文面で気を付ける事は、シンプルに分かりやすくが鉄則です。

スポンサーリンク

ダラダラとした、纏まりの無い文章は彼を疲れさせるだけ。
余りにも長いと、面倒な事が苦手な男性は読む気を無くしてしまいます。
男性は単純なので、シンプルな事が大好きです。
文面は区切りをつけて、空行を入れながら読みやすい事に主眼をおいていきましょう。


自分の事は話すよりも、相手に対する感謝の気持ちを綴る事が最初のポイント。
例えば飲み会で知り合った男性に送る場合。
「今日は本当にありがとう。○○君は優しいね」。
短い言葉ですが、自分の気持ちと相手への感謝の気持ちを程よく入れている事がポイントです。
男性はこの様な文章を見ると嬉しくなり、次のデートに誘いやすくなります。
恋が発展しますよね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加