恋する乙女のための告白の仕方指南

好きな男性の名前を呼ぼう

スポンサーリンク

告白というはっきりした意思表示をせずに、徐々に男性に好意を伝え、好きな男性と仲良くなっていくためには、もはや付き合っているも同然の状況を目指し、少しずつ男性との仲を進展させていく必要があります。

 

そのためには挨拶やお願いごと、食事にさそうなどさまざまな段階がありますが、相手の男性のことをきちんと名前で呼ぶということも大切なことです。


挨拶を交わすようになって、会話をするようになれば、そのときには、自己紹介もしていることと思います。
つまり、好きな相手の男性の名前を知っている状態です。
もちろん、職場や学校などの場合は、コミュニティの規模にもよりますが、自己紹介などする前から、もともとお互いの名前を知っているということもあるかもしれませんが。

スポンサーリンク

相手の名前を知っているのなら、ちゃんと名前で呼ぶようにしましょう。
「ねえ、ちょっと」とただ単に言うだけでは、印象は悪くはなくとも、良くはありません。
それなら、ちゃんと「ねえ、〜くん」や「ねえ、〜さん」などと好きな男性のことはちゃんと名前をよんであげるようにしましょう。

 

名前というのは、その人の存在そのものです。
そして、その名前を読んでもらえるということは、一人のその名前を持つ個人として尊重されていることの表れであり、呼ばれた本人は嬉しいものなのです。


人間は、自分のことを尊敬してくれる人や尊重してくれる人、大事にしてくれる人を同じく大切にします。
芸能人やスポーツ選手が、自分をしたってくれるファンを大切にすることと同じです。

 

好きな男性と会話をする際は、ちゃんと名前を呼ぶようにしましょうね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加