恋する乙女のための告白の仕方指南

正式に付き合う前のお試し期間と考える

スポンサーリンク

明確な告白をせずに、すでに付き合っているかのような状態に先になってしまえば、
告白して断られるより誘いを断られる方がマシ
でご説明したように、告白して断られてしまうというリスクを回避することができます。

 

この方法は、明確に告白という行為をして、相手の男性に「好きか嫌いか」「付き合うかどうか」の二択を迫り、結果として後がなくなってしまうというメリットがあります。


そして、それと同時に、付き合う前から、付き合っているのと同じ状態になってしまえば、それは、男性側からしても、女性からしても「お試し期間」を経験できるというメリットもあるのです。

 

特に、親密な関係にならないまま、いきなり告白をした場合、仮にうまくいって付き合うことになったとしても、「思っていたのと違った」などと言って、別れてしまうケースが多いのです。

スポンサーリンク

付き合う前から、付き合っているのと同じ状態になることで、このようなことを避けることができます。
付き合っているのと同然の付き合いをする過程で、やはり、お互いの考え方の違いなどがわかり、すれ違いを感じることもあるかもしれません。
しかし、別に付き合っているわけではありませんので、「別れよう」とはならないのです。

 

気が合わなければ、自然と、会わないようになるかもしれませんが、それだけです。
告白をして、傷つくリスクを犯すことなく、相性が悪いことがわかったのなら、それだけでラッキーじゃないですか。

しかも、その男性とは別に絶好したわけではないのです。
その後も、男友達のひとりとして、付き合っていけばそれでよいはずです。
そのような男友達をもっておけば、別の人を好きになったときにも、男性目線でのアドバイスをくれるよき相談相手になってくれるかもしれません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加