恋する乙女のための告白の仕方指南

告白して断られるより誘いを断られる方がマシ

スポンサーリンク

明確に告白をせずに、付き合っているのと同然の状態を目指すのが、告白でない告白の方法の肝だということを
付き合っているのと同じ状態を目指す
でお伝えしました。

 

しかし、告白というイベントをしない代わりに、彼氏彼女のカップルが当然するようなことを前倒しでするということは、デートなどの誘いをするというステップが必要なわけです。


告白の緊張や恥ずかしさからは逃れられるかもしれまえせんが、それでもまだ、「デートの誘いなんて、やっぱり恥ずかしいから、自分には無理!」と思うような女性もいるかもしれません。

 

しかし、考えても見てください。
告白するときの緊張は想像できますか。
このサイトでは告白するときに、勇気を出して、告白に振り向ける心がまえなどについて解説しています。

スポンサーリンク

とはいいましても、やはり、告白という行為はそうやすやすとだれもができることではありません。

 

しかも、告白をして最終的な二択を迫ってしまうと、場合によってはそれでおしまいということになってしまうという可能性もあるのです。
ところが、明確に告白をしていない段階でのただのデートの誘いなら、断られたってべつにどうってことないじゃないですか。


もしかしたら、たまたま予定が入っていただけかもしれませんし、またリベンジすればよいだけなのです。
告白して断られることに比べたら、たった一度くらい誘いを断られることなんてなんてことないのです。
あきらめずに何度もチャレンジしたらいいと思いますよ。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加