恋する乙女のための告白の仕方指南

先輩に告白する場合

スポンサーリンク

部活動や学校の先輩に告白する場合、目上の人という事を注意点として告白するようにしましょう。

 

先輩というのは自分よりも年が上だったり、目上の人だったりします。

 

そんな先輩に告白する時の注意点として、まず「告白の言葉は敬語を使いましょう」です。

 

先輩はあくまでも先輩です。

 

自分から一方的に好きな状態ですし、自分は後輩と言う立場になります。


常に先輩と仲良くても告白して成功して恋人同士になるまでは先輩という立場を尊重して告白の言葉は必ず敬語で言うようにしましょう。

 

敬語じゃなくて親しみを込めて普通の言葉で告白したくなるでしょうが、もし告白に失敗してしまった場合は先輩と後輩という関係は変わらないので、しっかりとケジメを付けて告白の言葉も敬語でするようにしましょう。

 

告白する時にも先輩に迷惑をかけない様にしましょう。

スポンサーリンク

先輩は忙しい時間の合間をぬって告白を聞きに来てくれたのかもしれません。

 

そんな先輩に迷惑になるような行動だけは避けるようにしましょう。

 

他の先輩に呼び出してもらうなど先輩の周りに迷惑をかけるような行動もしない様にしましょう。

 

先輩は告白された事をばれたくないかもしれません。


自分だけ舞い上がって他の人などに告白の意図を話して先輩に迷惑をかける行為だけはしない様に心がけましょう。

 

先輩というのは、自分の目上の立場であるという事を念頭に入れて告白の言葉を考えて告白するタイミングや場所、状況を選ぶようにしましょう。

 

そうする事によって礼儀正しい後輩として見てくれることでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加