恋する乙女のための告白の仕方指南

儀式的な告白をしないことのメリット

スポンサーリンク

告白というのは、とても敷居の高い行為です。
一大決心をして、覚悟を決めて、恥ずかしさや不安をおさえ、告白という行為に望みます。

 

だからこそ、そもそも、告白することに臆病になってしまい、ずっと片思いの恋愛のままで泣き寝入りしてしまう人があとを立たないのです。


度胸をつけるため、勇気をつけるため、そして自分の人生を切り開くためにも、失敗を恐れずに告白に立ち向かって欲しいとは思います。

 

しかし、そもそも一般的にイメージされるような、ふたりきりで呼び出してという儀式的な告白だからこそ、告白のハードルが上がってしまって、なかなか踏み切れないのです。
告白という儀式に固執する必要はない
でも書きましたように、告白の方法は一般的にイメージされるようなあのような儀式的な形でなくともよいのです。

スポンサーリンク

そして、儀式的な告白にこだわらなければ、告白のハードルは下がりますので、もっと自分の相手の男性に対する気持ちを気軽に伝えていくことができるのです。

 

代わりとなる手段をうまく使って、すこしずつ少しずつ、自分の気持ちを伝えていけばそれでよいのです。


ただ、明確に告白というイベントに頼らないだけであって、楽とはかぎりません。

 

別の手段を使って好意を伝えていくということには、積み重ねが必要ですので、その点は理解しておくほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加