恋する乙女のための告白の仕方指南

過ごした時間が二人の仲を進展させる

スポンサーリンク

告白をせずして、好意を伝えていき、もはや付き合っているのと同じことだという状態をめざすためには、どうしてもある程度の時間が必要になってきます。

 

まだ、知り合いになっていない人目惚れの段階からなら、できるかぎり毎日あいさつを交わすようにしていき、そして、自己紹介をして、会話をするようになって、そしてお互いの名前は愛称で呼び合えるような関係を築いておくことが必要です。


そして、小さなお願いごとなどを積み重ね、だんだんと大きなお誘いへと発展させていき、デートに誘うのです。

 

こうして、文章としてあらわすとあっというまでですが、この間、お互いの関係を発展させていくためには、かなりの時間がかかってしまうものです。
しかし、この期間を短縮しようと、本来少しずつ踏んでいくステップを一足飛びにしてしまうと、取り返しがつかないことにもなりかねません。

スポンサーリンク

自分と相手の男性との親密度の距離感を計りながら、自分が今とるべき言動を冷静に判断して実践しなければならないのです。
ですので、あせってはいけません。
じっくりと、相手との距離を縮めていくように意識してください。

 

そのかけた時間はムダにはなりません。


二人で過ごした時間が多ければ多いほど、互いの親密度はそれに比例して上がって雲のです。
時間がかかってもあせってはいけないのです。
いきなり告白して失敗していしまうリスクを考えれば、時間がかかっても別になんてことないはずですよね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加