恋する乙女のための告白の仕方指南

「付き合って」より「好き」を強調しよう

スポンサーリンク

男性に対して告白をするときの言葉は重要です。
せっかく勇気を持って、告白するのですから、失敗しないに越したことはありません。
言葉も適切に選びましょう。

 

告白するときというのは、落ち着いて冷静にならないと、頭が真っ白になってしまいますので、頭の中で事前に何度もシュミレーションしておきましょう。


告白するときの言葉といえば、なんていうのが一般的でしょうか?
「好きです。付き合ってください。」
おそらくこれが、最もスタンダードな告白の言葉ではないでしょうか。

 

このとき、ただ単に
「付き合ってください。」
といったら、相手の男性はどう感じると思いますか?

スポンサーリンク

おそらく「付き合ってください。」だけ言われると、唐突な印象を持ちます。
「こんな風に言ってくれるのは、おそらく俺のことを好きでいてくれるからなんだろう。」というように推測することはできますが、やはりはっきりと、告白の言葉に「好き」というフレーズを入れておかないと、気持ちは伝わりません。

 

もしかしたら、「付き合ってください」だけを強調して言ってしまうと、男性の受け取り方によっては、「別に俺のことは好きでもないけど、とりあえず、彼氏がいないと世間体も悪いからとりあえず、俺でいいかと思って言ってるのかな」などと深読みしてしまうこともあるかもしれません。


ですから、告白をするときには、「好き」ということに重きをおいて、しっかり伝えるようにしてください。

 

しかし、重くなりすぎてもひかれてしまいますから、その点も気をつけて、男性に告白するようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加