恋する乙女のための告白の仕方指南

「告白なんて大したことない」と思い込もう

スポンサーリンク

意中の男性に自分の好意の気持ちを伝える告白。
この告白というものは、とても恥ずかしいものです。
場合によっては、人生でも最も恥ずかしいイベントといえるかもしれません。

 

恥ずかしさばかりが先行してしまっては、そもそも告白をあきらめてしまうかもしれません。


また、がんばって告白したとしても、恥ずかしいとばかり考えていては、伝えたいこともうまく伝えられずに終わってしまうかもしれません。
その結果として、失敗してしまったら、悔やまれますよね。

 

ですので、告白をするにあたっては、何とかこの「恥ずかしいという感情」を押さえなければなりません。
そのための方法をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

実は、恥ずかしさを克服することは簡単なことです。
それは、「告白なんて大したことない」と思い込むだけでよいのです。
恥ずかしいという状態を想像していたら、本当に恥ずかしくなってしまいます。
ですので、「告白なんて大したことない」と思い込めば、「恥ずかしい」ということを頭の中から追い出すことができるのです。


そうは言っても、なかなかそんな風に思えないという方は、イメージを使いましょう。
たとえば、「告白」とでも書いたハートをイメージして、それをわしづかみにして、「大したことない」と念じながら、一口に飲み込むようにイメージしてください。

 

このイメージは一例に過ぎませんので、これにこだわる必要はありません。
自分が「告白は大したことない」と思い込むことができれば、どんなイメージでもかまいません。
ご自身でアレンジしてぜひ、ためしてみてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加