恋する乙女のための告白の仕方指南

相手の男性とは運命の関係だと思うようにしよう

スポンサーリンク

告白することになかなか勇気がもてない、踏ん切りがつかないというひとは、意中の男性とは貴女とは、運命の糸で結ばれていると思うようにしてはどうでしょうか。

 

もちろん、実際のところは、どうかはわかりません。
うまくいくときはうまくいくでしょうし、うまくいかないときはうまくいかないでしょう。
お互いの相性の問題ですし、タイミングの問題でもあります。


告白する踏ん切りがつかないのは、けっきょくは、失敗してしまうことを恐れてのことだと思います。
それならば、「必ず成功する。なぜなら、彼と私は運命の糸で結ばれている関係だから」と思うようにしたらどうでしょうか。

 

このように、運命の関係だから、必ず成功すると思っていたら、失敗するイメージなど沸いてこないでしょうから、勇気をもって、告白に望むことができるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

この際、意中の男性との間に運命的なものがあろうがなかろうが、本当のところは別にどちらでも良いのです。
大切なのは、貴女がその男性への告白をするにあたって、勇気をもって、そして自分を信じられるかどうかなのです。


そのためのひとつの手段として、「彼と結ばれることは運命で決まっているから大丈夫。告白は必ず成功する。」というように思い込むことが有効だと思うのです。
もちろん、実際には運命でなく、告白は失敗に終わることもあるかもしれません。

 

しかし、たとえ失敗したとしても、告白をせずに後々になって、告白しなかったことを後悔するよりずっとずっとすばらしいことだと思います。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加