恋する乙女のための告白の仕方指南

相手の気持ちになって考えられる余裕を持とう

スポンサーリンク

「相手の気持ちになって考えなさい。」
あるいは、
「自分がされて嫌なことは他の人にもしてはいけない。」

 

これらの言葉は、小さい頃、学校の先生やご両親にそのように教えられたことはありませんでしたか。
おそらく誰もが、いちどくらいは言われたことがあるのではないでしょうか。


これは、人間社会においては、好ましい人間関係を築いていくための基本を的確に示したすばらしい言葉だと私は思います。
しかし、人間、大人になるとこのことを忘れてしまいがちです。

 

特に、自分のことでいっぱいいっぱいになってしまって、余裕がなくなってしまうからです。
本当に、相手のことを思うのなら、相手の迷惑にならないよう、相手が喜ぶような言動をとるはずです。

スポンサーリンク

何かの話できいたことがありますが、
本当のおかあさんとにせもののおかあさんがいて、子供を取り合って、子供の手を両方からそれぞれ引っ張ったそうです。
そして、本当のおかあさんのほうは、子供が手をひっぱられて痛がっている様子を見て、かわいそうに思って、手を離したそうです。

 

この話は、単純ではありますが、本当の愛というものをよくあらわしているのではないでしょうか。
自分の気持ちでいっぱいになってしまうと、えてして、余裕がなくなってしまいます。

そして、相手のことを考えられなくなってしまうのです。

 

しかし、本当の気持ちというのは、真に相手のことを気遣えるやさしさなのではないでしょうか。
告白するときも、相手の気持ちになって考えて、相手の男性がして欲しい告白をするようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加